fc2ブログ

JK娘と房総半島ツーリング

9月のツーリングから2ヶ月後の11月16日に千葉県のビンゴバーガーを目的地にして2回目のツーリングに行ってきました。
『今回乗るバイクは何にする?』と倉庫に保管している数十台有るレンタルバイクを見て尋ねると・・・
乗りたいバイク(MT-25 )に跨るも、やはり足つき性から前回と同じ
『HONDA レブル250』になりました。
私は、スピードを合わせる為、
YZF R-3を選択(リッタークラスだと加速ですぐ離れてしまうので)

前回と同じく、近所をぐる~っと一回りして肩慣らしをします。

いきなり首都高からアクアラインと行きたい所ですが、
三軒茶屋から池尻ジャンクション経由は
ハードルが高いので
環七~川崎浮島まで一般道を走ってアクアラインルートに決定し、走りだします。

もちろん、今回もインカム『カルド』を装着して会話をしながら走行します。

走り始め、娘に指示をしなくてもチドリ走行と車の流れに乗る事は出来ているので前回のツーリングの経験は生きています♪

川崎大師を左折して、アクアラインに向かいます。

途中の工場地帯を走っていたら
『石鹸の匂いがする~』と娘
見ると『花王』の工場がありました。

『車じゃ解かんなかったね~、バイクだとこんな事もかんじるんだ~』と娘

さぁ、いよいよ浮島 アクアラインに入って行きます。

幸いそんなに混んで無いしガラガラに空いている訳でも無く、程よい車の流れ
徐々にスピードを上げて車の流れに乗って行けました。

高速の出口は鋸南富山IC アクアラインから
約80kmあるので
一度、海ほたるでトイレ休憩します。

海ほたるを出るとトンネルから海上の道に出ます。風速を確認すると
風速10m!って書いてありました。

バイクで風速10mだとまだ大丈夫ですが15mになるとふらつきます。

娘には突風が吹くと、バイクは1車線ほど簡単に飛ばされちゃうから
キープレフトはダメ!車線の真ん中を走る様に指示しました。
『風に飛ばされて、海に落ちるぞ!』と少し脅しを入れておきました(笑)

休憩の後、アクアライン海上に向かいます。

車線の真ん中と伝えましたが、先頭の私は 車線の若干左側を走行します。

娘にチドリを意識させて、走行ラインをキープさせる為です。

高速横にある風速を視覚できる旗は横に伸び風が強い事を認識させますが
幸い、突風も無いし横風も体感的にはそんなに感じる事も無く

娘も『風はそんなに無いね~』
とインカムで話しかけてくる状態でした。

小一時間で鋸南富山ICに到着して、『ハイウェイオアシス富楽里』に寄ります。

トイレ休憩を挟み、目的地のビンゴバーガーへ向かいます。

海沿いの綺麗な景色を眺めつつ、会話をいていたら右側に
『道の駅 保田小学校』が目に入って来ました。

ちょっと前に、道の駅『ハイウェイオアシス富楽里』に寄ったのでスルーしたのですが
凄く気になって、娘に『帰り、寄ろうか?』と尋ねると『いいよ~』の返事!

楽しみが一つ増えました♪

田園風景を楽しみつつ、以前来た思い出が蘇ってきたなぁ~と感じたら

ビンゴバーガーに到着です。
DSC_2937.jpg


バイクを駐車場に入れて、メニューを選びます。

②に続きます

スポンサーサイト



普通二輪取得後 初公道~!③

定峰峠を通って小鹿野に向かう前に、峠の走り方を伝えようと思い小川町の道の駅に入ります。

初心者の方と何回も一緒にツーリングに行っているので、経験を元にJK娘に伝えます。

・ これから登り道になるので、エンジンの回転が落ちてきたらギヤを落としてスピードを上げる事
  (これは昔、平坦な道から急坂の峠に入った方が6速のままず~っと登っていてノッキングしエンストした事がありました)

・ コーナーの外側からまっすぐの時にブレーキを掛けて侵入、出口が見えたらアクセルを段々開ける
  (アウト・イン・アウト ですね コーナーの侵入速度は、私がミラーで後方を確認しインカムで状況を確認しながら決めます)

・ 後続車両が来たら、ウインカーを出して左に寄って先に行かせる
  (車両の通行量が少ないので、結構早い速度で皆さん走られてます)

まぁ、あとは走りながら指示するって事で・・・(心配性・・・父)

JA埼玉中央 東秩父農産物直売所を後にして、山越え出発です!

県道11号線を西に向かうと、通行止めの標識が一瞬見えました。

秩父方面には行けない? って書いてあったような・・・?

インカムで『行けないかも~』って伝えたら
娘『行ける所まで行こうよ~』と返信がきたので、練習がてら登って行こうと思い先に進みます。

休憩の時に教えた、アウト・イン・アウトを解りやすく大げさに 
先頭を走る私が後続の娘に見せます。

そのラインをトレースして娘は曲がって行きます。

娘が乗っているのはアメリカンバイクの『レブル250』です。

教習所で乗っていロードバイクの『CB400SF』ともコーナーでの乗り味が違います。

そんな走り方をレクチャーしながら走ってたのですが、JK娘さん、
4歳くらいからバイクに乗ってます。
ウチの主催のライディングスクールやオフロードを13年経験している
ある意味、ベテランライダーです(笑)
初心者とは思えない、綺麗なラインで後ろを付いてきます。

あっと、言う間に定峰峠の茶屋に到着です。
DSC_1818.jpg

標識はやはり『秩父方面通行止め』と記されていました。

引き返すか~と思ったのですが、奥武蔵グリーンライン経由で国道299号に出れるルートを娘に提案しました。

『ここから舗装林道、道路には枝、枯れ葉、コケがあるから注意!』と伝え出発です。

周辺の路面も先ほどまで小雨が降っていた様で、少し濡れています。

先頭を走りながら、路面状況を伝えて走りますが・・・・

免許取り立ての子を連れて来る場所じゃないですね~

娘はバイク歴13年のベテランですから・・・(言い訳です、13年ですが乗った回数は1年に1~2回くらい?)

舗装林道に入って行くと、霧の様なモヤが出てきて視界を遮ります。

前方にはヘッドライトの光軸が映し出され、薄暗さに不安が増します。

ところが、
娘さん『バイクで来ると、なんかいい感じ~』 と景色を楽しむ余裕~

路面に落ちている、枝、コケ、時折開いている(割れている)路面の穴をゲームみたいに『罠』とたとえて進んでいると
林道の脇にある林に時折日差しが指し、後光の様に光がユラユラするのを見て

『トトロの森~、もののけ姫~見た~い』と幻想的な景色に感動しています。


そんな会話をしている内に、NAVIを見逃し国道299にに降りる脇道を2度も見落して
10kmも先に行ってしまいました!

ホントは正丸トンネル付近に降りる予定でした。

まぁ、遠回りしたけど何とか正丸トンネルまで戻ってきました。
この段階で14時を過ぎていたので、小鹿野を諦めます。

正丸トンネルを出た先の『御食事処 正丸』に急遽寄り 遅いお昼ご飯を食べて帰る事にしました。

お腹が二人ともペコペコだったので、マイタケ御膳 と お蕎麦セット(蕎麦大盛)を注文しました。

すると凄い量のお料理が出てきました!
DSC_1824.jpg

とても食べきれない量だったので、マイタケ天ぷらはお持ち帰りでパックに詰めてもらいお土産にしました(笑)

それでもお蕎麦を含め、量が多かったのでお店の方に聞いたら

TVでも取材が来る、大盛で有名なお店との事でした(笑) 
DSC_1821.jpg

お腹も一杯になったし、15時を過ぎていたので
(嫁さんにはこれくらいの時間には家に帰ってると、出発前にいってありました)

家に帰ります。

この時間、秩父付近は混むので、名栗経由の青梅から外環~八王子経由で中央道で帰路します。

帰り、名栗付近では少し降ってきましたが霧雨程度の雨で降られた感が少ない一日でした~
ルート2

娘も帰宅してから嫁さんに、今日の出来事を嬉しそうに話し、私には次のツーリングの予定をお願いしてました~

息子も16歳で免許取ったけど、公道は(一部しか)走って無いんだよな~山ばっかりです(笑)

次回は2度目の親子ツーリングIN房総・・・その内




普通二輪取得後 初公道~!②

高速道路編・・と以前書いてから早、数カ月(;^ω^) ブログ書くのって精力使いますよね。
言い訳はそこそこにして、17歳JK娘との思い出を残す為に~♪

前回のブログ参照(普通二輪取得後 初公道~!①)

小雨交じりで関越に乗り徐々にスピードを上げて行きます。

一般道でもスピードを乗せる事が出来なかったので、ちょっと心配ですが
インカムでシフトのタイミングを指示して
70㎞/hまではスムーズに加速出来ました。

でも、この速度だとまだ車の流れに合わせられないので、インカムで娘の状態を聞きながら

高速道路の流れに合うスピードに加速していきます。


あまり、メーターを気にしすぎると自分のメーターを意識してしまうので
『お父さんとの距離をあまり変化させない! プラスチドリ走行を意識しなさい』と指示します。

速度域が高いと、メーターを一瞬見るだけで、距離が進みますからね。

話掛けながら、徐々にスピードUPして行くと、所沢IC付近では高速の流れに乗った走行が出来る様になりました♪

雨も大降りにはならない、霧雨模様で保っています。

何時も車でドライブする時に通過する何気ない景色に JK娘は感動しています
(後部座席でスマホばっかり見て、景色を見てないですから~)

『お父さ~ん、私 風になっている~』 


と、どこかの映画の様なセリフですが
本心で叫んでいるのがインカムを通して伝わってきます。
DSCN0144.jpg



都会の住宅街の雑然とした風景が段々薄れ、畑や田んぼが出てくると 何時もと違った風景がツーリングをしている気持ちを増幅してくれるようです。

息子の高速初走行の時にも感じたのですが、初心者はチドリが苦手みたいです!
多分、前のライダーを見て走っている内にそのライダーに近づいて行く傾向があるようです。

娘も同じタイプの様で気づくと真後ろに来ていました。

何回も同じ注意をしながら、三芳PAで休憩します。

当初の計画では八ッ場ダム付近の新しく出来た道の下見をかねてのツーリングでしたが
小雨、それに娘のスピードに合わせた距離を考えると、この時間からだと帰りが辛くなりそうなので
臨機応変にルート変更します。

娘が『秩父に行きたい』
と思い出し 小鹿野あたりまで行くかな~と娘に伝えます。

当初から行きたかった秩父なので娘も賛成したので、『嵐山小川IC』で降りて一般道にチェンジします。

嵐山からの一般道の風景は気に入ったみたいで、この感じで走りたかった~と
ひたすら喜んでいます(笑)

山の峠道に入る前に、峠の走り方を伝えようと思い小川町の道の駅に入ります。

次回に続く(舗装林道 グリーンライン)

オートバイ初心者の今昔

バイクショップの仲間と最近の初心者の環境を話していて共通の見解がありました。
話をするのは、大体私の世代(今年52歳になるんですが・・・)の前後年代が多いです。

バイクが売れない、バイクの乗る人が減った・・・などが話題になります。

その時の会話に自分たちの若い時の環境の事を話し合うのですが、皆さん同じ体験をしていました。

新車が300万台以上売れている時代でした。

16歳になったら、免許を取るのが当たり前でした。


原付、中免、限定解除  授業の休憩時間の話題は最新のバイクで盛り上がります。

が、17歳後半から最新のバイクは1馬力1万円の時代が来ていて250ccは45万円 400ccは59万円・・
と話題が車両の価格が高くなってきた・・・の話題・・・

そしてこれじゃ買えないねと話しあっていました。


私が17歳くらいの時から、バイクの価格が高騰してきた時代でもありました。

幸い、周りに乗る人たちが沢山いたので、値段が安い中古車が溢れかえっていました。

前に私の社歴・・・を書いた事があります。

読んだ方は、沢山乗っていたんだね!と印象だと思うはずです。

お金があったんだねと、今の方は思うはずです。

違います。  


乗る人が沢山いたので、
タダ同然のバイクがあふれかえっていたんです。

私もその恩恵に預かりました。

5~15万円の相場くらいで、バイクが乗れたんです。

色々なバイクが!

オンロード、オフロードなどが安い金額、もしくは交換で乗り換えができたんです。

だから、色々な事が経験出来て自分にあったステップアップが出来たんだと思います。

今の人達は・・・

1/10になった、いまの出荷台数・・・

中古車は、便利になったWEB情報で価格は高騰・・・

古いバイクは海外に輸出・・・

駐禁問題・・・

など、バイクを身近な物に感じられなくなりました。

4年くらい前に、バイクラブフォーラムという経済産業省が官民一体になって、
世界の半分のシェアを誇る、バイク業界『日本』を盛り上げようとなりました。

私も、その会議の為に経産省に出向いたり、駅前に展示ブースを出展したり
今もその政策の為に動いています。

目標は販売台数100万台!です。

でも、その掲げた目標をメーカーが逆の政策を平行して動き出しています。

ドリームやプラザなど、趣味性のある大きいバイクに特化して顧客を囲い込む政策です。

それは、それで必要だと思うのですが・・・

これから、乗り始める方、ステップアップしていきたい方・・・

ここを今までの販売店が担っていたのですが・・・・

(この話は長くなってしまうので・・・・後日)

話を戻して・・・

自分のショップの考え方の原点

は16歳から免許を取ってから、バイクの魅力にハマった時を元にしています。


今のモトショップ功和のスタイルが、まさにその経験を分かち合って欲しい
共感して欲しい・・・との思いなんだと、倉庫のお遊びバイクを見て思ってしまいます。

倉庫にあるバイクは功和の企画するイベントに試乗車として持って行ってます。

まぁ・・私が楽しむ為でもあるんですが・・・

ミニバイクコースで持っていく『NS50R』2スト50ccです。
平成生まれは経験したことがないかな?


2ストの加速、半クラッチ、アクセルのパーシャル状態など。

ライディングスクールでは最新のバイクの試乗車・・の他に
転んでもOK~な大型バイク(750cc)を持っていきます。

このバイクは普通免許しか無い方でも、クローズドコースでも乗ってOK~体験してねと
持って行ってるのですが・・・
IMG_4645.jpg

挑戦するのは、13歳のウチの息子くらいでした・・・・

オフロードではKX85やKLX等 入門編のバイクを試乗車として持って行っています。


MS功和は昔でいえばバイクを持っている近所の兄ちゃん(今はおっちゃんか・・・)です。

ネットで初心者などが色々、修理などの知識を増やしていると思いますが・・・

オートバイ販売店(修理屋さん)もすべて情報は出していませんよ!

だって、その情報や経験が私たちがバイクショップとして飯が食べられる知識ですから・・・

一般ユーザーがWEBで書いた誤った、情報を鵜呑みにしないでください。


当店が4メーカーと正規契約しているのも、最新の情報をメーカーからリアルタイムに得る為に
契約しています。

国内4メーカーと契約している販売店って、東京にどれくらい有ると思います?
世田谷区だけで見ても、当店を含め2店しかありません。(H29/6 現在)

隣の杉並区、多分1件も無いと思います。

目黒区も、1件も無いし、渋谷区も無いと思います。

MS功和が4メーカを契約しているのは、
販売や修理で過去~最新まで対応できる様にする為に契約しています。

情報の発信は今も昔もかわりません、メーカーから発信しています。

最新の情報を得る為に国内4メーカーと契約を結んでいます。

そんな、販売店が数年前は沢山ありました!

でも、もう無いんです・・・

メーカー契約が出来る販売店が・・・・

メーカーが保守的になってしましました!

そして本当の意味でバイクの楽しさを伝え得られる先輩が居なくなってしまった・・・事です。

色々な楽しさを身近に感じられるバイクが減ってしまった事もバイク離れになった原因

だと、思います。

バイクは楽しいですから、些細な事でもいいですから

MS功和に足を運んでください。

バイクにハマりましょう~


スタンドを掛ける所は安全ですか?平坦になっていますか?

久しぶりにHPの初心者ページを追加です。お題目は沢山書いているのですが、他の記事が多くて・・・久しぶりですね。

当店にご来店されるお客様のバイクの止め方を拝見していると、慣れている方(経験された方)と気にしない方のオートバイの向きがあります。

ご来店された、お客様はご存知だと思いますが当店横の駐輪場が一杯の場合、その駐輪場の手前に沿って止める事になります。

店の前 (2) 店の前 (1)

すみません、スマホの画像の中に中々題材に使う良い写真が無かったんで・・・

バイクの向きに注意してください。

全て同じ向きですよね。

右、シェルパが映っている奥は環七になります。

当店の横の区道は環七に向かって、下り坂になっています。

尚且つ、シェルパの写真左側(赤っぽい路面)側は高くなっています。

以前のブログで書きましたが
坂道ではギヤを入れて止めよう!  駐車する時はサイドスタンドを谷側に向けて下さい

バイクを止める時は路面の状況を判断して、止める事が大事になります。

当店にご来店される場合、上の写真の様な向きに止めるのが正解なのです。

但し、サイドスタンドが寝ている仕様のバイク(サイドスタンドを出してもあまりバイクが立たない)などは
向きが逆でも、ギヤを1速にいれた状態でエンジンを切りバイクを駐車する方法もあります。

当店はレンタルバイクをお貸出ししているのですが、以前ZX-14Rをお借り頂いた方が返却時に
駐車する時にこの路面状態が把握できず、下り坂を頭にしニュートラルでバイクを止めて
サイドスタンドを出しバイクから降りようとしたときに、バイクが進んでしまい立ちゴケされた・・・

なんて事もありました。

当店の横だけでなく、バイクを止める場合はサイドスタンドを出して止めても安全なのか?

確認してからバイクから降りる、離れる事を考えてください。


MS功和のHPに初心者、リターンさんの為のページを作りました。
お役立ち情報をUPしています。



モトショップ功和    TEL03-3412-6161
レンタルバイク代田  TEL0120-94-8199






web拍手 by FC2

プロフィール

モトショップ功和

Author:モトショップ功和
東京都世田谷区のバイクショップ社長です。ツーリング、ミニバイクレース、ライディングスクールなど楽しいイベント(本人が楽しんでいる?)を企画しています。又、大勢のバイク乗りの環境が良くなる様に色々ボランティアで動き回ってます。

ショップ情報
モトショップ功和  〒155-0033     東京都世田谷区代田3-25-15         TEL 03-3412-6161     レンタルバイク代田         レンタル専用電話 TEL 0120-94-8199 定休日 毎週月曜日 第一日曜日 第三火曜日
功和のつぶやき
カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
1058位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
491位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
訪問された方
まとめサイト
ランキング

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR